アイウエオフィス ライフワークスクール

AIUEOffice LIFEWORK SCHOOL

ライフワークスクール

セミナー詳細[過去の実績] Seminar Plan

セミナー名 ひーちゃん&チャーリーのライフワークスクール第3ステージ
内容詳細 ひーちゃん&チャーリーのライフワークスクール第3ステージ

ヒーラーで鍼灸師でタロットリーダーのひーちゃんと、税理士でスピリチュアルでカウンセラーなチャーリーがナビゲートするライフワークスクール。

今回は第3ステージを開催します。

第3ステージは、
ライフワークの周辺にキャッシュポイントを作り、ライフワークでお金の流れを生み出すステージです。

2日間かけて、様々な角度から自分を見つめることで、「自分の中に眠るキャッシュポイント」を掘り当てていきます。

少人数でゆったりとワークしていきますので、セミナー初心者の方でも安心して参加することができます。

仲間たちと学び合うことで、普段気づかなかった自分に出会うことでしょう。

自分らしく生きる仲間、今後の人生を応援し合える仲間との新しい出会いを楽しみにしています。


☆第3ステージで扱う項目

 ●ライフワークをお金に換える生き方とは?
 ●ライフワークをお金に換える人の特徴
 ●普通の人がライフワークをお金にできない6つの理由
 ●ライフワークをお金に換えるために決めなければならないこと
 ●ライフワークをお金に換える生き方のメリットとデメリット
 ●あなたの人生の優先順位は?
 ●ライフワークのステップに対する誤解 ~一歩ずつ進む~
 ●実際のライフワークはこう進む
 ●ライフワークをお金に換えるステップ
 ●あなたの才能を思い出す
 ●自分の才能はどの分野にあるか?
 ●自分の才能を活かした仕事の詳細
 ●ライフワークをどの立場でやるのかを決める
 ●マーケタビリティーとは?
 ●マーケタビリティーを高める方法
 ●ブランドがあれば有利な訳
 ●自分ブランドを構築する方法
 ●自分のブランドにキャッチコピーをつける
 ●天才性をビジネスモデルに転換する10の視点
 ●天才性をビジネスに活かすと成功しやすい訳
 ●テストマーケティングを成功させる5つの鍵
 ●あなたのテストマーケティングプラン
 ●お金を受け取ることへの5つの抵抗
 ●ライフワークで成功することへの怖れ
 ●怖れを癒すには
 ●戦略を組んで展開する
 ●幸せなチームをつくりあげるための6つの要素
 ●パンフレット、名刺、ブログなどのPR戦略
 ●ビジネスシステムを完成させる10の鍵
 ●パートナーと組んでレベルアップする
 ●永続的なお金の流れを生み出す技術
 ●現時点で考えられるライフワークをお金に換える障害
 ●障害を乗り越えて進むためにあなたに必要なサポートシステムは?
 ●あなたの行動計画
 ●自分への約束

などなど


参加者のみなさんとの親睦を深めるために、1日目のセミナー終了後に懇親会を予定しています。
こちらもぜひ、ご参加くださいね!

ライフワークを生きることを目指すみなさんを、お待ちしています☆



===================================
●「再受講」枠にて、ご参加いただく皆さんへ

 再受講される方には、より学びを深めていただくために
 前回使用したテキストを、ご持参いただいております。
 そのため、セミナー受講料には、テキスト代が含まれておりません。

 新しいテキストを使用し参加したいという方は、セミナー当日、
 ナビゲーターから、1冊2,000円で、ご購入いただけます。


●「25歳以下&学生」区分にて、ご参加いただく皆さんへ

 「25歳以下&学生」区分でお申込みいただいた方には、
 その証明ができる書類(学生証、在学証明書、健康保険証、
 運転免許証、パスポートなどの中から1点)のコピーを、
 セミナー当日、ナビゲーターにご提示いただいております。

 「学生」区分の方は、文部科学省が認定している学校の
 学生証が、対象となります。
ナビゲータ 山中 弘教
澤井 宏貴
開催日時 2012年11月3日〜4日
 3日(土)10:00〜18:00
 4日(日)10:00〜18:00
募集定員 12名
会場 ブレイン・ラボ
場所など [所在地] 宝塚市すみれガ丘1丁目2-1
ゲートウェイ宝塚壱番館301号
[アクセス] JR宝塚線宝塚駅、阪急宝塚線宝塚駅下車、
阪急バス「すみれが丘東」行きに乗り、御殿山四丁目下車 乗車時間7分

※1階にセブンイレブンがあるビルの3階です。
※駐車場あります。
※宝塚駅前からタクシーで900円弱ぐらいです。
 
Map

● セミナーリポート

先月に引き続き、宝塚で開催しました第3ステージ。
みなさん、真剣な中にもリラックスしながら受講して頂けました。
第3ステージの内容を深く学ぶに連れ、参加者の方々の結びつきも強くなっていったように思います。
みなさん、お疲れ様でした☆